未分類

子どもの「問題解決力」を家庭で身につけるための具体的方法とその秘訣!

今回は、近年注目されている「問題解決能力」について見ていきましょう。

問題解決能力は、「何かに問題に対して自分の頭で考え、方法を探り、解決する力」を指します。

そこで、今回は、子どもの問題解決能力を養うために日常生活でできるちょっとした工夫についてお伝えしていけたらと思います。

分で調べる力がない子どもが大量に…

2013(平成25)年の4月に、文部科学省が全国の小学6年生、中学3年生に実施した
全国学力・学習状況調査の結果で、こんな問題が浮き彫りになりました。

『授業でわからないことを自分で調べて解決しよう』とする子どもが、全体の1~2割程度しかいない

みなさん、これをどう思いますか?

来を生き抜くためには”問題解決力”が必要

問題解決能力は、名前の通り、

何か問題が起きた時に、その問題の原因を突き止めて、解決策を考え、じっさいに自分でその問題を乗り切る力

を意味します。

多くの子どもは、困ったとき、先生や親に助けを借りて解決するケースがほとんどです。

このような姿勢のままでいることは、実はとてもこわいことです。

りの人がいないと何もできない人間に…

もし、そのまま成長してしまえば、自立できない大人になってしまうかもしれません。

逆に、まずは自分で考えて解決していく力があれば、自立できる力が備わるということです。

そこで、ここからは、家庭でできる「問題解決能力」を伸ばす方法をご紹介します。

分で考える習慣を身につけさせる

ではまず具体例を用いて見てみましょう!

みなさん、普段何気なく、明確な指示をしていませんか?

例えば、雨が降りそうな日。

遊びに行こうとしている子どもに、

「傘を持って行きなさい」

と伝えていませんか?

これはNGです!

なぜなら「~しなさい。」というのは命令形だからです。。

そして、命令形は思考停止&反発を招きやすい言い方なのです。

「このあと、雨が降るらしいよ。どうしたらいい?」

とだけ伝えてみてください。

そうすることで、

「雨が降るかも、傘が必要かな?」

子ども自身に考えさせるきっかけを与えることができますよね。

もし、これでも子どもが何も気にしないで出かけようとした場合は、

「雨が降るかもしれないなら、傘持って行ったほうがいいんじゃない?」

と提案するようにしましょう。

このとき、強制はさせないようにしましょう。

ントを与え、答えは教えない

文章問題などに取り組むときには、まずわかる情報を子どもに全て口に出してもらったり、
文章・絵にさせてみたりしましょう。

そして、それを踏まえ、考えるヒントまでは教えてあげてあげてください。

このとき、最初から答えを教えてはいけません。

しっかり子ども自身に考えさせることが大切です。

そうすることで、もし問題が解ければ、自分自身の力で解けたという「達成感」と「考えることの楽しさ」も同時に学ぶことができます。

また、親側もいかに答えを言わずヒントで導くことができるかがポイントです。

「育児は部下10人を育てるのと同じ経験値をもつ」

と、あるビジネスマンが言い残したほど、育児は大変です。

いかに動線を仕掛けて、ヒントをもとに子どもを導く力は家庭仕事問わず、必要な力になります。

いごに

問題解決能力はまだ教育の中でやっと注目されてきましたが、これからより注目されてくる力です。

自分に問題が起きたとき、その原因が何かということを、仮説をたてて、検証し、突き止め、さらにそこから解決策を考え実行するという問題解決のプロセスは、子どもの頃から養うことのできる習慣です。

たとえば、「積み木が上手に詰めない」とお子さんが困っていたら「上と下のつみ木のバランスがとれていないんじゃない?」というようにいっしょに原因を探してあげてください。

このように「なんでなんだろう?」という答えになる部分を探すクセをつけさせることが大切です。

つたない文章を読んでくださり、ありがとうございました!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!