未分類

幼児教育って大切なの?疑っているパパ・ママに証明します!

みなさんも一度は「幼児教育が重要である」ということを聞いたことがあると思います。

しかし、なかには半信半疑の方もいると思います。

そもそも幼児教育といっても早期教育など知識重視の早期教育など、いろいろなものがあります。

今回は「幼児教育が重要である」ということを証明したある実験を紹介します。

これを見ていただければ、幼児教育の重要性がわかると思います。

リー就学前プロジェクト

ペリー就学前プロジェクトは、1962年から1967年にミシガン州で、低所得のアフリカ系58世帯の子どもを対象に実施されました。

まず、アフリカ系58世帯の子どもを以下の2つのグループにわけました。

✓ 就学前までの実験期間30週間において教育を行うグループ

✓ 就学前にまったく教育を行わないグループ

就学前までの実験期間30週間において教育を行うグループの幼児に対しては、

◯午前中に毎日2時間半ずつ教室での授業を受けさせる

◯週に1度は教師が各家庭を訪問して90分間の指導

という2点を実験期間中におこないました。

指導内容は子どもの年齢と能力に応じて調整され、非認知的特質(忍耐力やコミュニケーション能力、思考力、創造性など)を育てることに重点が置かれました。

また、子どもの自発性を大切にする活動を中心としました。

教師は子どもが自分で考えた遊びを実践し、毎日復習するように促しました。

さらに、復習は集団で行い、子どもたちに重要な社会的スキルを教えました。

就学前教育(実験期間)は冒頭でも述べたように30週間続けられました。

そして、就学前教育の終了後、これを受けた子どもと受けなかった対照グループの子どもと
比較しながら、40歳まで追跡調査したのです。

ベセダリアンプロジェクト

アベセダリアンプロジェクトは、1972年から1977年に生まれた、家庭の恵まれない子ども111人を対象に実施されました。

実験開始時の対象者の平均年齢は生後4.4カ月でした。

プログラムは年間を通じて行われ、子どもが8歳になるまで継続されました。

子どもたちは21歳まで継続して調査され、30歳時点の追跡調査が2012年初めに実施されました。

2つの実験結果は?

ペリー就学前プロジェクトでもアベセダリアンプロジェクトでも、就学前までの実験期間において教育を行うグループのほうがよい結果を得ることができました。

最終的な追跡調査(ペリー就学前プロジェクトでは40歳、アベセダリアンプロジェクトでは30歳)では、就学前教育を受けた子どもは、受けなかった子どもよりも学力検査の成績がよく学歴が高く特別支援教育の対象者が少なく収入が多く持ち家率が高く生活保護受給率や逮捕者率が低かったのです。

IQの差は4年後にはなくなった!?

ペリー就学前プロジェクトの被験者になった子どもは、当初はIQが高くなりましたが、その効果はしだいに薄れて、介入が終了して4年経つとすっかり消えてしました。

ここから幼児期の早期教育において知識の詰め込みなどは最終的にあまり意味がない場合があるということもわかります。

これと関連させてスキャモンの発育曲線を見てみましょう。

下図のスキャモンの発育曲線と言われています。

では、スキャモンの発育曲線とは一体どのようなものなのでしょうか。

【引用元】SGS総合栄養学院

スキャモンの発育曲線は全部で4種類あるとされています。

一般型

一般型は身長や体重のほか、呼吸器や消火器、肝臓などの胸腹部臓器の発育を示すものです。

幼児期までに急速に発達し、その後は緩やかになり、思春期に再び急激に発達していきます。

思春期以降には最後に大きな発育をみせ、20歳の頃には大人のレベルに達して完了します。

神経系型

神経系型は、脳や脊髄、視覚器、頭径を示し、リズム感や体を動かすことに対する器用さを担っています。

出産直後から急激に発達していき、4~5歳で成人の約80%にまで達するとされています。

また、10歳になる頃には、ほぼ100%大人の脳に近づくといわれています。

そのため、幼児期のうちにさまざまな経験を通して、刺激を与えてあげることが大切です。

リンパ系型

リンパ系型は、免疫力を向上する扁桃やリンパ節といったリンパ組織の発達を示します。

生後から12~13歳頃までに急激に発達し、成人レベルを超越しますが、思春期が過ぎると少しずつに大人のレベルにまで戻るとされています。

生殖器系型

生殖器系型は、男児の陰茎や睾丸、女児の卵巣や子宮などの発育を示します。

小学校生活の前半の頃までは緩やかに成長していきますが、14歳頃から急激に発達していきます。

児期への投資が最も価値がある

教育投資効果はスキャモンの発育曲線からも想像がつくように、幼児期が最も高いと言われています。

また、アメリカのノーベル経済学賞の受賞者でもあるシカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授(専門は労働経済学)は、就学前の子どもに対する教育投資効果に着目し、「就学後の教育の効率性を決めるのは、就学前の教育にある」とする論文を、科学雑誌『Science』で発表しました。

【引用元】ピグマリオン

このグラフでは、幼児期の投資金額1ドルに対して青少年期には3ドル、成人期には8ドルを投資した額に匹敵することをあらわしています。

ヘックマンの40年間に渡る研究によれば、幼少期の教育を上手に実行することは、大きな利益をもたらす可能性があるといわれています。

言い換えると、もっと後になってからの介入ではあまり意味がないということです。

実のところ、子どもが成人後に成功するかどうかは、幼少期の介入の質に大きく影響されるとされてしまうのです。

つまり、幼児期で培った能力がその後に必要なスキルをもたらすのです。

また、これは幼少期に認知力や社会性や情緒を幅広く身に付けることで、その後の学習をより効率的にし、プラスの効果をもたらします。

少期の教育は忍耐力や思考力も高める

ここまでご紹介してきた研究では、幼少期の環境を豊かにすることが認知スキル(IQテストや学力検査などによって測定される能力)と非認知スキル(忍耐力やコミュニケーション能力、思考力、創造性など)の両方に影響を与え、学業や働きぶり、社会的行動に肯定的な結果をもたらすことが示されます。

しかも、そうした効果はずっと後まで継続することも追跡調査からわかりました。

また、2020年には、大学入試でも思考力が重要視されるようになります。

現在、新聞報道でも報じられているように、文部科学省では、2020年を目標として、
大学入試改革が行われています。

中学受験でもお子さんの思考力を問う問題がたくさん出ています。

決まりきった答えではなく、その人の思考を求める問題にこれから移行していくことを考えると、やはり幼児教育は大切になってきます。

【引用元】ピグマリオン

いごに

ここまで、過去の実験を通して幼児教育の重要性を紹介してきました。

幼児教育とはその子のが大人になってからまで影響するものです。

そのため、いかにこの幼児期に有益な経験をさせるかが、その子の人生を豊かにさせるか関係してきます。

これらの実験を通して、幼児教育の重要性は実感できたと思います。

ぜひ幼児期をむだにしないように、子どもにさまざまな経験をさせ、たくさんの刺激を与えてあげてくださいね!

ご精読、ありがとうございました!